ワキガの原因とは?その対策方法

ワキガで悩んでいる人は少なくないと思いますが、その大きな原因として考えられるのは汗を出す分泌腺の一種アポクリン腺です。

アポクリン腺から皮脂を含む分泌液が分泌され、その分泌液が皮膚や脇毛に付着している細菌と混ざりその細菌が繁殖することで嫌な臭いを発生させます。

特にワキガの人は遺伝によるものが多いと言われており、家族の中でワキガな人がいれば遺伝の可能性が高いです。
また体毛が濃い人はアポクリン腺が多いのでその結果遺伝でなくてもワキガを発生させてしまうとも言われています。

対策としては常に脇を清潔にしておくことが重要になります。
入浴時に脇を綺麗に洗うのはもちろんですが、その際にゴシゴシ擦るなど刺激を与えると肌が傷ついてしまうので注意してください。
出来るだけ手の平を使って優しく丁寧に洗うのを心がけて入浴後は肌が乾燥しないように化粧水などで保湿を行うと良いでしょう。

また外出先でも常に制汗スプレーや制汗シートなどを持ち歩くようにしましょう。汗は分泌されてすぐは無臭ですが、時間と共に細菌が繁殖していき臭いを発生させるので細菌が繁殖する前に対策をするように心がけてください。

特に汗をかきやすい夏場は小まめに汗を拭き取ったりスプレーを使うなどして常に気を使うようにしましょう。また自身の管理だけでは改善が難しいのであれば医療機関での治療も可能です。

軽度のワキガであれば塗り薬などで治療を行います。
ワキガが中度になってくるとボトックス注射で汗の分泌を抑える治療を行います。

さらに重度になってくると手術が必要になり、アポクリン腺を目視しながら一つずつ取り除いていきます。現在ではこのように様々なワキガの対策法や治療法があるので生まれつきのものだからもう治らないと諦めている人にはおすすめです。

また遺伝ではなくても不健康な生活や食事を行っている人はワキガになりやすいです。脂っこい食事や運動不足などは不健康な汗をかきやすくその汗は嫌な臭いを発生させやすいとも言われています。

なので今はワキガではないという人も今後の為に対策を行うようにしておくと良いでしょう。更にワキガの対策について詳しく知りたいならばワキガ 対策のサイトなどを参考にして下さい。

ワキガの症状の度合いは人それぞれですし、悩みや生活スタイルも人によって異なってきます。まずは、自分のワキガの症状はどのようなものか、どのような対策や治療が適しているかよく考えてからケアを行っていきましょう。

デリケートゾーンのニオイ対策はこれっ!

デリケートゾーンは、暑い夏、特にニオイが気になりますよね。生理の時なら、なおのこと気になります。

更年期障害になるとあちこち体に異変が来るので生理がひと月に二回あるのあるのが当たり前になったり、サイクルも日数もバラバラになります。(女性の半分しかならないから、何も感じない人もいる)

今までなんの匂いもしなかったような人が、毎日かなり匂うようになったりします。すごく変わるんですよ。

だから、布おむつも毎日したりとか、(紙おむつはいつもやっていたら高いし)結構苦労します。
まさか、ここまで匂うとは思ってないから、ベビーオイルのような、つけても安全なものとか買って利用するようになるし、そうするだけでも、相当衛生的にいられます。

オイルはベビーオイルでなくても、家にある油でも大丈夫だとは思いますが、ほんとに気を使って少量だけ使うようにしないと、頻繁に使わない方がいいと思います。膣に入ってトラブルになったらいけないから。

オイルならクレンジング効果があるので、べたついた顔とか、汗まみれになった脇とか、塗ってふき取ると、すごくサッパリします。
そんなにお金もかからないし、何かのあいた容器に入れて、いつも持参しておくと便利です。
中身がこぼれないような容器が大切です。少しでも染みると油だからやっかい。

家にいるときに、少し試してみたらいいですよ。
汗をかいて、そこを水で絞ったタオルでふき取るのと、オイル塗って、それをティッシュでふいて捨てるのと、どっちが簡単できれいになるか。

私はオレイン酸(肌と同じ成分の含まれる)の椿油をそれ専用に買いました。
すごく肌の調子がいいです。
それに香りも薄くほんのり上品で、いい香りです。私は、なんでもっと早くこれを使わなかったのか、後悔しています。

ヴァージンオイルが、トランス酸が出ないからいいんですけど、(火にかけてないもの)体のマッサージから何から何まで使えるので、すごく重宝しています。

すぐにはなくならないし、ひと夏は十分もちそうです。価格的に1000円くらいで、ここまで何にでも使える椿油。大人だし、最高です。

脇の黒ずみをきれいにする方法

夏になると半袖の服を着ることも多くなり、まずいと感じている女性も多いのではないでしょうか。脇の黒ずみで堂々と腕を上げられないと悩んでいる方も多いです。

脇の黒ずみの主な原因は間違ったムダ毛処理です。
濃くて太い脇のムダ毛は目立つし気になりますから、カミソリで頻繁に剃ったり毛抜きで抜いている人も多いはずです。

しかし、毎日のようにムダ毛処理をしていると肌が傷ついてしまって、かぶれや肌荒れ、乾燥などの肌トラブルを起こしてしまいます。
また、トラブルが起きていなくても肌に見えない刺激が加わっていて、肌の防衛機能が働いて、黒ずみができて徐々に濃くなっていきます。

黒ずみの正体はメラニン色素で、体が刺激から守ろうとしてメラニンを作り出し、それが肌に定着してしまったものです。
黒ずみを薄くしていくには、黒ずみの原因となるムダ毛処理の方法を見直すのが有効です。

最近は脱毛サロンも安くなっていて両脇脱毛は格安で受けられるので、思い切って脱毛してしまうのがおすすめです。
自己処理をしなくなるので徐々に肌が回復してきてくれて、黒ずみが薄くなっていきます。

自己処理をするなら、一番肌に刺激のない電気シェーバーを使用しましょう。
刃が直接肌に当たらないので、肌への負担が必要最小限ですみます。

ムダ毛処理の方法を改めながら、脇のお手入れを進めていくと効果的です。
原因はメラニンなので美白効果のある化粧品が黒ずみ対策には有効です。
顔に使用するのもでも大丈夫ですし、刺激の少ないボディ美白用の化粧品を別途購入するのも良いでしょう。

また、黒ずみの原因は肌への刺激なので、お風呂に入って洗う時にはごしごし洗いは禁物です。
さらに刺激が加わってしまってメラニンを増やすことになり、黒ずみがこくなってしまいますから、優しく手で丁寧に洗うのが良いでしょう。

お風呂から上がったらしっかりと保湿するようにして、脇を乾燥から守ってあげましょう。
ターンオーバーを正常化することができて、メラニンが排出しやすくなってくれます。

柿タンニン配合の石鹸で脇の臭い対策

夏と言ったら、汗の季節ですよね。私はとても汗っかきなので、自分の体臭がとても気になります。
中でも脇のすっぱい臭いは強烈で、時々気分が悪くなる事もあります。

市販の制汗剤はどれも似たり寄ったりで、効果が持続してくれないのが不満です。
これでは何時までたっても、アクティブになれません。この嫌な脇の臭いをなんとか改善したくてネットで調べてみたら、「柿のさち」石鹸を見つけました。

こちらの石鹸の中には柿タンニンが配合されているので、脇の臭いに効果が期待できそうだと思いました。
それに植物エキスがたっぷりと配合されている自然派の石鹸なので、私のような敏感肌でも安心して使用が出来そうです。

愛用されている方たちの口コミも良い物が多かったので、私も使ってみたくなりました。そこで試しに1つ購入をして、使用をしてみる事にしました。

柿のさち石鹸を箱から出すと、ライトオレンジ色の丸い石鹸が出てきました。
付属の泡立てネットを使用するとモコモコの泡がたっぷり立ち、凄く楽しくなりました。

手の平で全身を優しくマッサージするように洗ったら、臭いが一番気になる脇は2度洗いをしました。爽やかな香りに包まれながら、とても気分良く洗浄する事が出来ました。

泡切れも早く、シャワーをささっとかけるだけで終了するのが良いですね。洗い上がりの肌はしっとりスベスベで、つっぱらないのが気に入りました。

柿のさち石鹸を毎晩使用して一週間ほどしたら、もう嬉しい変化が現れ始めました。脇から漂っていたあの酸っぱい臭いが、殆ど気にならなくなりました。

更にもう3週間使用をしたら、洋服にべったりと付いていた臭いも気にならなくなったので、凄く嬉しかったです。

最初は半信半疑でしたが、確かな効果を実感する事が出来たので、これからも継続をする事にしました。

柿のさち石鹸のおかげで、毎日アクティブに過ごせるようになったので大変喜んでいます。今度わきがに悩んでいる友人にも、教えてあげようと思います。

ワキガを治すために食事の改善

ワキガの原因としましては、アポクリン腺やエポクリンサン腺が原因ということはよく知られていますが他にも原因はあると思います。それはなにかと申しますと、食べものです。

この食べ物で何を食べているかによって、脇の臭いは変わってくるのです。食べものを具体的に申しますと、脂っこいものはてき。覿面ですね。

例えば焼き肉とかハンバーグとかいった油ばりばりのもですね。これを沢山とりますと、エポが活発になりまして、あのいやな激臭を放つことになる可能性はかなり高くなります。

逆に脂ッ気のない食べ物はどうでしょうか?例えば代表的なものが野菜ですね。これはいくら食べても油のアの字さえないと思います。例えば海藻もそうですね。

ですからワキガというものはその人のもともともった特徴ではありますが、食べ物によってそれを何倍にもしてしまっているということがいえるのだはないでしょうか?食事というものは本当に大切ですね

それではどうしたらこのワキガを抑えることができるのでしょうか。
私なりの対策ですが、ワキガであってもなくても汗の臭い、ワキガの臭いはきつい物です

私の実際の経験からいきますと、食べものが関係すると前述したのですが、食事の回数てきなものも大きいと考えます。肉ばっかり食べるという人もいるでしょう、逆にベジタリアンもいるでしょう。

では回数を考えますと、普通の人は一日に三回食事をとっていると思いますが、この回数が問題なんです。
食事は一日に一回やりますと、ワキガ、汗などの臭いはかなり軽減できてしまうことができます。

私は現在一日一食という生活をしているのですが、実はワキガです。でもこの一日一食のお陰でワキガの臭いはほとんどなくなりました。また健康状態もかなり良好です。それに夕食しかとらないのですが、肉も魚ももっと脂っこいものたくさん食べています。

この一日一食をやるとそうなるということは、医師の説明が一番いいとは思いますが、私が実際やってみて絶大なる対策だと思っています。

軽度のワキガの簡単な対策法

暑い季節になってくると、発汗量が増えワキガの臭いもきつくなってきます。
上着も半袖タイプのものを着るようになると、ワキガ臭が周囲に漏れやすくなるので気をつけなければいけません。

ではどういうところに注意すればワキガ臭を抑えられるか、その対策です。今回は、あくまで重度のワキガ(その人のワキガが残り香するぐらいの強烈なタイプ)ではなく、汗くささ等からくる軽度の方へのアドバイスとなります。

いきなり発汗量を抑えるようにしようと思っても、よほど生活習慣を改善(仕事をデスクワークオンリーにする等)しない限り無理です。人間の体質というのはそう簡単に変わりません。

汗をかくのは仕方ないとして、かいた汗のケアに注意しましょう。こまめにハンカチやタオル等で首筋やワキの汗をふき取ってあげ、臭いの元となる汗をできるだけ処理しましょう。

次にお勧めしたいのはワキ毛の脱毛です。
若い女性はケアしてくれてる方が多いと思いますが、中高年以上の女性は要注意、男性は年齢関係なく気をつけてほしいところです。ワキ毛があると、かいた汗がワキ毛に付着し、毛についた汗が蒸発する時ににおいの元となる雑菌を繁殖させてしまうんです。

もちろん皮膚についた汗からも雑菌は繁殖しますが、ワキ毛のほうが空気に触れる表面積が大きくなってしまうので、雑菌の繁殖量もより多くなってしまうんです。

ワキ毛脱毛と汗のケアで相当ワキガ対策にはなったと思いますが、これでも気になる人は食べ物の改善です。

普段よく口にする食べ物でいうとタマネギやニンニクです。
これらは臭いがキツク、体内からその臭いを周囲に発散するほどの影響力があります。
ワキガに影響するというだけでなく、口臭もひどくなり、そしてその臭いの持続力は半日以上なので、できるだけ食べる時は量を控えてみてください。

どうしても食べたい場合は、休みの前日(次の日に誰とも顔を合わさない)に食べるなどの工夫をすると良いです。もともと餃子や焼肉を食べる時は、次の日への影響を考えられていると思いますが、その意識を他の食品にも広げていくということです。

そして最後は、わきが対策用のデオドラントを使用することをおすすめします。今では、かなり効果が期待できるデオドラント商品が多数販売されております。
特にわきが対策クリームなどがおすすめです。わきが対策専用のクリームを日常生生活で使用すれば、かなりの確率で臭いを抑えることができるでしょう。

上記の対策方法をしっかり実践していただければ、汗くささからくる軽度のワキガはほぼ抑えられると思うので、一度試してみてください。