ワキガの原因とは?その対策方法

ワキガで悩んでいる人は少なくないと思いますが、その大きな原因として考えられるのは汗を出す分泌腺の一種アポクリン腺です。

アポクリン腺から皮脂を含む分泌液が分泌され、その分泌液が皮膚や脇毛に付着している細菌と混ざりその細菌が繁殖することで嫌な臭いを発生させます。

特にワキガの人は遺伝によるものが多いと言われており、家族の中でワキガな人がいれば遺伝の可能性が高いです。
また体毛が濃い人はアポクリン腺が多いのでその結果遺伝でなくてもワキガを発生させてしまうとも言われています。

対策としては常に脇を清潔にしておくことが重要になります。
入浴時に脇を綺麗に洗うのはもちろんですが、その際にゴシゴシ擦るなど刺激を与えると肌が傷ついてしまうので注意してください。
出来るだけ手の平を使って優しく丁寧に洗うのを心がけて入浴後は肌が乾燥しないように化粧水などで保湿を行うと良いでしょう。

また外出先でも常に制汗スプレーや制汗シートなどを持ち歩くようにしましょう。汗は分泌されてすぐは無臭ですが、時間と共に細菌が繁殖していき臭いを発生させるので細菌が繁殖する前に対策をするように心がけてください。

特に汗をかきやすい夏場は小まめに汗を拭き取ったりスプレーを使うなどして常に気を使うようにしましょう。また自身の管理だけでは改善が難しいのであれば医療機関での治療も可能です。

軽度のワキガであれば塗り薬などで治療を行います。
ワキガが中度になってくるとボトックス注射で汗の分泌を抑える治療を行います。

さらに重度になってくると手術が必要になり、アポクリン腺を目視しながら一つずつ取り除いていきます。現在ではこのように様々なワキガの対策法や治療法があるので生まれつきのものだからもう治らないと諦めている人にはおすすめです。

また遺伝ではなくても不健康な生活や食事を行っている人はワキガになりやすいです。脂っこい食事や運動不足などは不健康な汗をかきやすくその汗は嫌な臭いを発生させやすいとも言われています。

なので今はワキガではないという人も今後の為に対策を行うようにしておくと良いでしょう。更にワキガの対策について詳しく知りたいならばワキガ対策のサイトなどを色々と参考にして下さい。

ワキガの症状の度合いは人それぞれですし、悩みや生活スタイルも人によって異なってきます。まずは、自分のワキガの症状はどのようなものか、どのような対策や治療が適しているかよく考えてからケアを行っていきましょう。