軽度のワキガの簡単な対策法

暑い季節になってくると、発汗量が増えワキガの臭いもきつくなってきます。
上着も半袖タイプのものを着るようになると、ワキガ臭が周囲に漏れやすくなるので気をつけなければいけません。

ではどういうところに注意すればワキガ臭を抑えられるか、その対策です。今回は、あくまで重度のワキガ(その人のワキガが残り香するぐらいの強烈なタイプ)ではなく、汗くささ等からくる軽度の方へのアドバイスとなります。

いきなり発汗量を抑えるようにしようと思っても、よほど生活習慣を改善(仕事をデスクワークオンリーにする等)しない限り無理です。人間の体質というのはそう簡単に変わりません。

汗をかくのは仕方ないとして、かいた汗のケアに注意しましょう。こまめにハンカチやタオル等で首筋やワキの汗をふき取ってあげ、臭いの元となる汗をできるだけ処理しましょう。

次にお勧めしたいのはワキ毛の脱毛です。
若い女性はケアしてくれてる方が多いと思いますが、中高年以上の女性は要注意、男性は年齢関係なく気をつけてほしいところです。ワキ毛があると、かいた汗がワキ毛に付着し、毛についた汗が蒸発する時ににおいの元となる雑菌を繁殖させてしまうんです。

もちろん皮膚についた汗からも雑菌は繁殖しますが、ワキ毛のほうが空気に触れる表面積が大きくなってしまうので、雑菌の繁殖量もより多くなってしまうんです。

ワキ毛脱毛と汗のケアで相当ワキガ対策にはなったと思いますが、これでも気になる人は食べ物の改善です。

普段よく口にする食べ物でいうとタマネギやニンニクです。
これらは臭いがキツク、体内からその臭いを周囲に発散するほどの影響力があります。
ワキガに影響するというだけでなく、口臭もひどくなり、そしてその臭いの持続力は半日以上なので、できるだけ食べる時は量を控えてみてください。

どうしても食べたい場合は、休みの前日(次の日に誰とも顔を合わさない)に食べるなどの工夫をすると良いです。もともと餃子や焼肉を食べる時は、次の日への影響を考えられていると思いますが、その意識を他の食品にも広げていくということです。

そして最後は、わきが対策用のデオドラントを使用することをおすすめします。今では、かなり効果が期待できるデオドラント商品が多数販売されております。
特にわきが対策クリームなどがおすすめです。わきが対策専用のクリームを日常生生活で使用すれば、かなりの確率で臭いを抑えることができるでしょう。

上記の対策方法をしっかり実践していただければ、汗くささからくる軽度のワキガはほぼ抑えられると思うので、一度試してみてください。